「AERA」に「被災地の幽霊を社会学」を執筆しました

Date:

image-2.jpg

2016年2月22日発売の「AERA」2月29日発売号(朝日新聞出版発行)に、「被災地の幽霊を社会学」の1ページ記事を執筆しました。

私の地元での震災ということもあり、東日本大震災のその後はずっと自分なりに追っておりますが、東北学院大学の金菱清教授とゼミ生たちが執筆した論文集『呼び覚まされる霊性の震災学』(新曜社)が社会学の学術書とは思えないほどの反響を呼んいます。

きっかけは朝日新聞に掲載された「タクシー運転手が目撃したという幽霊談をテーマに論文を書き上げた」という記事ですが、私も金菱先生とは以前から交流があったこともあり、なぜそのテーマを取り上げたのか、大災害における鎮魂や心の復興とは何かを取材しました。

金菱先生と論文を書いたゼミ生の元には日本だけでなく、フランスやブラジルなどからも取材が殺到しており、24日には東北学院大学ではシンポジウムも開かれます。

http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/info/top/160212-3.html

東京にいると福島の原発話が中心になり、震災の復興話も「いいこと」あるいは、「とても悪いこと」の振り幅が大きいニュースが取り上げられてしまいますが、報道されにくい「普通」のことや人にも、震災のその後は続いています。

そんなパーソナルな声を拾い上げた論文集でもあるので、ぜひ一人でも多くの方に読んでもらえたら、と思います。

呼び覚まされる 霊性の震災学

新曜社
売り上げランキング: 20,587