「AERA」2018年6月18日号 星屑スキャットとリリー・フランキーさんの対談を執筆しました

20125.jpg「AERA」2018年6月18日号(6月11日発売)に、音楽ユニット「星屑スキャット」と文筆家、フォトグラファーなど多彩に活動するリリー・フランキーさんとの対談を執筆しました。タイトルは「夢見るように出会った」。

ミッツ・マングローブさん、ギャランティーク和恵さん、メイリー・ムーさんの3人による「星屑スキャット」は、2005年結成。70〜80年代歌謡曲のカバーから始まり、今ではオリジナル曲も多数。リリーさんが司会を務めるNHKの音楽番組「The COVERS」への出演をきっかけに今、注目が集まっている音楽ユニットです。

今年4月、星屑スキャットは、ファーストアルバム「化粧室」をリリース。これまでの人気曲を収録したディスク1に加え、以前から、ファンの間でCD化が待ち望まれていた「新宿シャンソン」をディスク2にカップリングした話題のアルバムです。

AERAでは、星屑スキャットに惚れ込み、「新宿シャンソン」を作詞したリリーさんと、曲の誕生秘話を語っていただきました。リリーさんは、取材日の夜にカンヌへ旅立つというハードスケジュールの中、ご対応いただいたのですが、なんと、そのカンヌ映画祭で出演した「万引き家族が最高賞のパルムドールを受賞するという、何かご縁を感じる対談となりました。

3ページ、カラーの大プッシュです。撮影は、篠塚ようこさん。どどーんと迫力のある星屑スキャットとリリーさんの写真も見どころです。

星屑スキャットも、発売記念ライブが音楽サイトで大きく取り上げられるなど、活動の幅をますます広げています。星屑スキャットの絶妙でハイレベルなハーモニーを存分に堪能できるアルバム「化粧室」もおすすめです。

化粧室

化粧室
posted with amazlet at 18.06.13
星屑スキャット
日本コロムビア (2018-04-25)
売り上げランキング: 649

前へ

『世界の郷土菓子』台湾版が出ました!

次へ

芥川賞候補「美しい顔」(北条裕子さん作)の参考文献問題について