『私の夢まで、会いに来てくれた』発売まで5日!

(小)私の夢まで書影データ.jpgのサムネイル画像

毎年、何冊かの書籍は作ってきましたが、『私の夢まで、会いに来てくれた』ほど、話した相手の反応がよくて、ビビッときてくれる本はないなぁと感じています。

発売になったら、あらためて書こうとは思っているのですが、東日本大震災の本というだけでなく、「夢の話」というのも、何か人の心に訴えるものがあるような気がします。

私も「いやいや、他の仕事しなくちゃ」と思いつつ、本の手触りがいいので、つい手に取ってしまうと、最後まで読み込んでしまい、そして、泣いてしまうのです。今のところ、一番、がっつり読み込んでいる人間なので、さすがに涙の量は減ってきましたが、やっぱり気がつくと涙が出てます。ドライアイのせいではないと思います。

朝日新聞出版の担当編集者とも話していたのですが、27編あるうち、読むタイミングによって、ぐっとくる話が違うのも不思議です。編集作業の最初の頃は、「あの話がくるよね〜」と話していたのが、校了の頃は「今はあっちの話のほうが泣けるんだよね〜」っていう感じなのです。

おかげさまで、Amazonの予約状況も好評らしく、またノンフィクション新着ランキングで68位まで上がってきました。発売日まで、あと5日です。Amazonの解説で、中身のほんの一部ですが、読むこともできます。

どうぞよろしくお願いします!

私の夢まで、会いに来てくれた ---- 3.11 亡き人とのそれから

朝日新聞出版 (2018-02-20)
売り上げランキング: 24,042

前へ

2月20日新刊『私の夢まで、会いに来てくれた』予約開始!

次へ

『私の夢まで、会いに来てくれた』NHKでご紹介いただきました